チェンバロハウス通信

cemhaus.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 20日

ハウスコンサートその後

 ハウスコンサートが終わって1ヶ月も過ぎた。11月9日、11月16日の2回とも満員のお客様に来ていただいた。来てくださった方々、本当にありがとうございました。
 さて、ハウスコンサートとなると、それを機会に自分の中で何か隠しテーマを設定して追求しようという気になる。今回はアメリカの音楽学者でレ・ザール・フロリサンに「修辞学者」として協力したこともある Patricia Rarum の The Harmonic Orator という本を読んで、言葉と音楽の関係をあらためて勉強することにした。
 この本は、1660~1730年頃のフランスバロック音楽について、フランス語詩の構造や朗誦法がどのように音楽化されているかを、約500ページ使って懇切丁寧に説き明かしている。ページ数を使うことを恐れず、予備知識のほとんどない読者に手取り足取りという感じで「実際にできるように」導くというスタイルがいかにもアメリカの本らしく、たいへん良かった。(ヨーロッパの本は理論的に美しく書かれているけど、親切ではないことが多い。その意味では日本の学者の本に似ている。アメリカの本は、学者の本でも実用書のように本文の内容が図解され、章ごとにまとめと理解度を確かめるための練習問題がついていることが多い。これはやはりアメリカの美点だと思う。)
 それで、今回は The Harmonic Orator に集中できたかというと、もちろんそんなことはなく、興味はどんどん脱線していった。まず他の言語の詩学にも興味がわいてきた。日本語の詩学については梅本健三の「詩法の復権」というたいへん興味深い本に出会えた。そんなわけで、2009年のレクチャーシリーズは歌詞と音楽の関係についての入門講座にしようと考えている。
 もうひとつは、バードとクプランをならべて弾くことの意味を考えようとして、中世~ルネサンス~バロックの音楽スタイルの変遷にポピュラー音楽の影響が大きいのではないかという仮説に思いいたったことだ。これは大きなテーマなので、項を改めて書こうと思う。
[PR]

# by detousbiens | 2008-12-20 14:33 | コンサート案内
2008年 10月 05日

鍵盤楽器の演奏法

コンサート本番まで気楽に書いていこうと思いながら、なかなか難しい。あっという間に一週間たってしまった。CDの紹介や歴史の話を書こうと思っていたのだが、時間に少し余裕があると根本的な問題にとりくみたくなる。

私の鍵盤楽器奏法の立脚点は3つある。

第1は身体技法だ。スポーツに、体の仕組みについての知識と合理的な練習法が効率的であるように、鍵盤楽器の演奏にも身体技法が大いに役立つ。音楽は、演劇やダンスのように動きの藝術である。身体感覚が身につくと、楽譜も動きの軌跡として見えてくる。そこまでいかなくとも、体に無理を強いないことは楽だ。

第2の立脚点は、言葉と音楽の関係についての知識である。何といっても西洋音楽の主流は声楽だ。とりわけ、バロック音楽は声楽がメインで器楽はデザートのようなものだと思う。そうなると、独力で歌詞を読み込むことは難しくても、対訳をみながら何を言っているか分かる程度には語学ができないとおもしろくない。
西洋には数理的ともいえる詩法の伝統がある。西洋音楽のフレージングはもともと詩法に基づいている。要求が高いかもしれないが、ラテン語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、英語などの韻律法を知らないで演奏するというのは(声楽であれ器楽であれ)、知らない言語で演じている役者のようなものだと思う。

第3は哲学である。西洋の精神史に学べることは多い。身体的な技術に優れても、西洋音楽の修辞法を身につけていても、西洋の人々が長い歴史のなかで希求してきた思いに心が閉ざされているのでは悲しい。

西洋の精神史を知るためには、いわゆる「哲学」はまわりくどい。西洋には哲学的な詩や宗教的な詩が多いので、詩を入り口にしてはどうだろうか。韻律法の勉強もできて一石二鳥だ。
[PR]

# by detousbiens | 2008-10-05 13:20 | 日本人と西洋音楽
2008年 09月 27日

久しぶりのハウスコンサート

 11月9日(日)と16日(日)、昨年の夏以来のハウスコンサートをすることにした。久しぶりの自主公演になる。ここ数年、演奏の身体技法を学んできて自主公演は休んでいた(ソロはほぼ2年ぶり)。再開にあたって何を弾くか迷ったが、チェンバロ音楽のなかでもっとも好きなウィリアム・バードとフランソワ・クプランの作品を中心にプログラムを組むことにした。
 バードはイギリスのエリザベス一世時代の作曲家で、1543年の生まれで1623年に亡くなっている。1543年といえばポルトガル人が種子島に来た年である。同じ名前のウィリアム・シェイクスピアは1564年の生まれ。シェイクスピア劇に登場する流行歌の数々をバードもとりあげて、チェンバロ曲にしたてている。
 バードの時代から100年以上を経て、フランソワ・クプランはフランスのルイ14世時代を生きた。ヴォルテールはルイ14世の時代を、古代ギリシア、古代ローマ、イタリアルネッサンスとならび、さらにそれらを超えた人類文化史上最も輝かしい時代と呼んでいる。フランス国王の栄光が演じられたヴェルサーユ宮殿に勤めながら、後の時代のショパンにも似て、クプランは内気で完璧主義的な作品を書いた。
 ストラヴィンスキーは晩年、「いまあなたが一番楽しめる音楽は何ですか?」と聞かれて「私は、イギリスのヴァージナリスト(バードやその同僚ブル、ギボンズらのこと)をひいてみるごとに、かならず楽しみ、失望したことがない。それからクープラン、・・・」と答えている。20世紀音楽への興味からバッハ以前の音楽に入った私としては、両者を結ぶ糸を見つけたい。
 ハウスコンサートの本番まで、バードやクプランの音楽について、また文化的背景や現代とのつながり、練習過程で気づいたことなど、気のおもむくまま書いていければと思う。
[PR]

# by detousbiens | 2008-09-27 00:29 | コンサート案内
2008年 01月 01日

音楽の哲学(その3)

 わたしたちの時代の課題は、人類意識を育てることである。日本人の場合は、日本文化と西洋文化との出会いを実りあるものにすることが大きな課題である。
 大雑把な言い方をすれば、日本文化は分離を抑圧しているのに対して、西洋文化は分離から出発している。別の言い方をすれば、日本文化は和を尊重し、西洋文化は個性を尊重する。
 ところが、洋の東西を問わず、いわゆる精神性の高い人の説くところは、oneness(1つであること)である。それで単純に日本文化の方が優れているように錯覚する人もけっこういる。
 しかし、そうではない。
 日本文化には和を尊重するあまり、分離感が生ずることへの抑圧がある。「村八分」とか「出る杭は打たれる」などの言葉によって表される社会的経験に日本で暮らす人は思い当たるであろう。
 また「和」をうたっていても無差別な受容を実行しているわけではない。日本人は善悪というより美しさを行動の基準にするという説があるが、これが曲者で、清らかさを尊ぶ感覚が「穢れ」への差別・抑圧・抹殺として現れやすい。

 一方、西洋の分離の立場は、今や地球規模の危機である南北問題(貧富の格差の問題)、環境破壊を生んだ。西洋文化が世界を牛耳った背景には西洋の学問があるが、西洋の学問は「自分とは分離した対象として世界の物事を見ることができる」という素朴な見方に依存してきた。客観的な認識が究極的な真理への道として可能であるという大きな錯誤があった。
 これと似た態度の芸術における現れが、客観的対象として「作品」が成り立つという錯誤で、19世紀にはコンサートホールや美術館にあるのが芸術だという思いこみにまでなってしまった。

 いわば反対方向に迷った二つの文化が19世紀中頃に出会ったわけだが、重要なことは、現代の状況がここに留まらないことである。
 20世紀初頭に、西洋の学問は客観的な手段でもって客観性が絶対的なものとしてはなりたたないことを知る段階に至った。数学の基礎をめぐる論争や量子力学の誕生にまつわる論争を調べるとそのことがよくわかる。(興味のある方は、ゲーデルの不完全性定理やハイゼンベルクの不確定性原理などの言葉を手がかりに検索されるとよい)
 芸術の分野でも、20世紀初頭に、伝統的な調性にとらわれない音楽や、目に見える風景にとらわれない美術が現れてきた(文学については19世紀からその変革は始まっていると思う)。

 日本人は古い西洋と新しい西洋に出会わねばならない。
 事態をややこしくしているのは、西洋の自己変革から約100年が過ぎたにもかかわらず、学問の世界でも芸術の世界でも、この新しい波が(程度の差はかなりあるとはいえ)西洋においても日本においても一般大衆のレヴェルには浸透していないことである。コンピュータ、核技術、映画音楽、街のオブジェなど、応用結果は現代の生活に欠かせないものになっているにもかかわらず、その根本的な考え方に対する拒絶反応はまだまだ強い。

 ここには現代の西洋と日本が共通して直面している問題がある。
[PR]

# by detousbiens | 2008-01-01 04:10 | 音楽の哲学
2007年 12月 30日

音楽の哲学(その2)

 日本人が西洋音楽を学ぶということは、西洋人が能や歌舞伎を学ぶのに似ている。当然、多くの障害がある。それらの障害を大雑把にいうと、①身体のつくりや所作の違い、②言語の特性の違い、③哲学(世界観)の違いである。これらは乗り越えがたいが、互いの立場を想像することは可能である。
 しかしながら、日本では「和魂洋才ではいけない」でもとりあげたとおり、本質的な部分(魂)を排除して、表面的な結果のみをとりいれようとする態度が、無意識的あるいは意識的にも強い。
 なぜなら「相手の立場を想像する」ということは、自分自身の根本的な変化につながるからである。日本人は「日本人であること」にこだわる人が多い。外国との比較が問題になるとき、「わたしたち日本人は」と言ったり書いたりする人が多いことにもそれは端的に現れている。日本人の日本人性を規定している哲学は無意識的なものである。表面的には変幻自在であるが、核の部分は無意識的であるだけに頑として変らない。もっと言うと排他的である。
 西洋音楽は、「西洋」とわざわざいうのが不自然なほど日本人にとって身近な存在になっている。それにもかかわらずその本質が理解されることは少なく、日本人の実践する西洋音楽は「どこか違う」し、それを鑑賞するポイントも「どこか違う」。これまでは、「日本人が西洋音楽に接してそれほど間がないのだから、理解がおよばないのは仕方がない」という人も多かったが、「理解がおよばない」というよりむしろ、かなり無意識的ではあるが「理解したくない」という面が強いのではないかと、私には思える。
 しかし、物質的な側面では国際化が既成事実である世界で、精神面において排他的でいることは危険である。勇気を奮って、自己変革を恐れずに、他文化の魂を理解しようと努める必要がある。                                              
[PR]

# by detousbiens | 2007-12-30 09:57 | 音楽の哲学
2007年 12月 11日

音楽の哲学(その1)

 以下の文章は、ホームページ用に書きかけたものであるが、完成には時間がかかると思うので、少しずつこのブログにも載せておいて、批評をあおぎたい。

 日本の音楽に哲学がない、とはよく聞く嘆きである。
 音楽の哲学とは、音楽の本質を問うことである。
 音楽教育や音楽療法において、それは必要なことである。にもかかわらず、この分野に対する懐疑心も強い。

 真の音楽家は、音楽の現場においてのみ、音楽の本質が現れることを知っている。それゆえ、理論的考察によって音楽の本質が明らかになるという考えに懐疑的になるのは当然である。
 一方で、哲学の側からみると、まずプロに匹敵する音楽の素養をもった哲学者がまれである。その上、近代哲学の枠組みのなかでは「音楽の本質とは何か」に答えることは難しい。近代哲学は「疑えるものは疑ってかかる」という批判的精神のゆえに、五感、および論理的思考を超えたものごとに対処するのが難しい。
 ところが、音楽の才能に恵まれた人にとって音楽の創造の過程はかなり無意識的なものである。「私が作曲(演奏)するのではなく、私を通して何ものかが作曲(演奏)するのである」と多くの音楽家が言う。しかも、(少なくとも顕在的には)音楽の才能はすべての人に平等にめぐまれているわけではないのが事実で、一般的な五感、論理的思考をもって音楽創造の過程を推し量るのは、泳いだことがない人が泳ぎの本質を考察するのと変らない。
 それゆえ、「音楽の哲学」という探求は、五感、理性を超えたものとならざるを得ない。
 一方、音楽家の側から出される理論的考察に対する懐疑は認めざるを得ない。音楽の本質は体験するしかない。単なる理論的考察は、アメリカに行ったことがなくて、アメリカ大陸が存在するかどうかを問うようなものである。
 それにもかかわらず、音楽教育や音楽療法において「音楽の哲学」は欠かせない。そこで、「音楽の哲学」という探求は、登りきったときには捨てるはしごのようなものだと考えるとよいと思う。それゆえ、わたしの「音楽の哲学」は理論書というよりはマニュアルのような体裁をとる。
[PR]

# by detousbiens | 2007-12-11 12:23 | 音楽の哲学
2007年 12月 08日

シュトックハウゼンの死を悼む

 2007年12月5日、シュトックハウゼンが亡くなったことを、シュトックハウゼン財団からのメールで知った。

 シュトックハウゼンは、死がすべての終わりではなく、いわば魂の帰郷であることを「信じている」人ではなく、「知っている」人だった。シュトックハウゼンの周囲の人々もその思いは共有していたと思う。財団からのメールでも、「シュトックハウゼンは常々、≪神が私に命を与えた、そして故郷へ呼ぶのだ≫と語っていた」とある。だから、絶望的な気持ちになることはないのだが、それでも、同じ時代を生きる人間としてお会いすることがもうないことはつらい。

 メールに添付された文章(シュトックハウゼンのHPからも入手できる)の扉に

私の生涯は極端に一面的なものだ、スコア、録音、映像、著作といった作品がすべてだ。それが音楽に形作られた私の精神であり、私の魂のさまざまな瞬間からなる音の宇宙である。(2007年9月25日)

とあった。シュトックハウゼンは勤勉な作曲家であった。少年時代を戦争に翻弄され、16歳でほとんど孤児として終戦を迎えた。働きながら勉強して高校に編入、さらに地元の音楽大学に進んだ。シェーンベルクら戦前の音楽の先端にふれたのは20歳を過ぎてからである。その分、勉強できるということがうれしくてたまらなかったという。「ほかの作曲家は作曲して2時間もするとコーヒーブレイクをとって、その休憩がうれしくてたまらないらしいけど、自分は事情が許すなら一日中でも作曲していたい。音楽家になるぐらいなのに、仕事より休憩が楽しいという感覚がわからない。」みたいなこともどこかで読んだ。残された仕事の質、量を考えると頷ける。

 添付文章の後半に「シュトックハウゼンは、人が神に耳を傾け、神がその子達の声を聴くように、天界の音楽を人間へ、人間の音楽を天界の存在たちへもたらすために生きてきた。」とある。ヨーロッパ音楽の出発となった中世には、「地上の音楽は天界の音楽の反映である」と教えられていた。バッハ以後のクラシック音楽の世界ではあまりそういうことは表立って言われなくなった。その流れにさからってシュトックハウゼンは歩み続けた。

 最後に、今年の夏のシュトックハウゼン講習会のサイン帳に書き記したことを再録する。

 シュトックハウゼン、あなたは普遍への道を示してくれました。たいへんありがとう。
[PR]

# by detousbiens | 2007-12-08 16:00 | シュトックハウゼン
2007年 08月 19日

シュトックハウゼン講習会(その3 キュルテンの暮らし)

 シュトックハウゼン講習会の会場があるキュルテンは小さな街、というか村である。丘陵地帯になっていて、少し開けた谷間に小さな集落が点在している。役所のある集落には、地方銀行が2つあるものの、郵便局はカメラ屋が兼ねていて、本屋、文具屋、パン屋は各1件、レストランも会場の近くにはギリシア人の経営するピザ屋のみである(10分ぐらい歩くとスーパーと、ファミリーレストランのようなものもある)。周囲は森か牧草地で、牛や馬が草を食んでいる。(泊まっていたホテルのウェブサイトにホテル周辺の風景写真が載っている)
 せっかくの美しい景色なのに、日本の田舎と同じく車社会になっていて、地元の人たちはどこに行くにも車に乗っているようだ。マシューとアンドルースと私はむきになって毎日片道30分の山道を歩いてホテルから会場に通っていたが、散歩好きの人間がたまたまそろったのも、今の世界ではめずらしいことかもしれない。アンドルースはアメリカで郊外を歩いていると、通り行く車がとまって「大丈夫ですか?何か事故にあったのですか?」と尋ねられると言っていた。18、19世紀には散歩は創造的な仕事に欠かせなかったようで、ベートーヴェンもゲーテもワーズワースも散歩人間だったようだが、20世紀でもハイゼンベルクの回想などを読むと、散歩(というかちょっとしたハイキング)がヨーロッパ文化を育んできたことがわかる。(写真は会場へ向かう道から眺めたキュルテン遠景)
f0048979_21324065.jpg

 地元の人々は散歩するより、オートバイをぶっ飛ばす方がよいらしく、休日は猛スピードで山道を飛ばす中年ライダーのラッシュだった。(アンドルースが彼らを見て「中年クライシスがドイツでも流行らしい。」と言ったので、それ以来オートバイの爆音を聞くたびに「中年クライシスの一例」と呼んでいた。)
 ひとつ意外だったのは、夜がやかましいことで深夜1時ぐらいまでポップスやダンスミュージックがどこかから聞えてくることである。それも60年代のポップスを何度もコピーして劣化させたような代物ばかりで、リズム感もハーモニーもメロディーもお世辞にも洗練されているとは言えない。
 ホテルの主人がテレビがきっちりうつることをやたらに自慢していたが、ホテルオーナーの家族はいつもテレビを見ていた。日本の田舎でおなじみの、車とテレビ(ヴィデオ、ゲーム)とポップスの世界のようである。最初のうちは美しい景色に心動くが、10日間過していると、あまりに何もないので、地元の人たちが退屈するのもわからないでもない。
 このような村で、毎年開かれるシュトックハウゼン講習会はそれなりに楽しみにされているようだ。バスやスーパーでも「シュトックハウゼンかい?」と尋ねられる。毎晩のコンサートは一般開放されていて、特に受講者コンサートの日は入場無料なので、多くの村人が集まって、世界各地から集まった音楽家の演奏を楽しんでいた。
[PR]

# by detousbiens | 2007-08-19 21:19 | シュトックハウゼン
2007年 08月 19日

シュトックハウゼン講習会(その2 普遍的精神について)

 前回書いたように、今年のシュトックハウゼン講習会には32カ国から140人ほどの参加者が集った。一人の作曲家の作品をテーマにこれだけの規模の講習会が毎年開かれるというのはまれなことである。自らの音楽技法を積極的に公開するシュトックハウゼンの姿勢は、作曲家、演奏家、音楽学者にはもちろんのこと、さまざまな分野の人にとって創造的な刺激になっており、また、副次的な効果として参加者同士の創造的な交流もあり、一種の「社会人大学」を生み出している。
 今年のシュトックハウゼン講習会の作曲コース(シュトックハウゼン本人による作曲法の講義)のテーマは、24時間をテーマにした連作KLANG(響き)の2時間目にあたるFREUDE(喜び)だった。この曲は2006年の聖霊降臨祭のために作曲されたもので、そのスケッチの第1ページには他のことがらにまじって「バベルの搭の言語の混乱を乗り超える」と書かれている。シュトックハウゼン講習会の会場では、まさにさまざまな言語の話し手が、「普遍的な」セリエルの技法に基づく音楽を媒体に共同体を形作っていた。(なおFREUDE講義についてはKLANG Weblogに詳しい情報がある。)
 シュトックハウゼンの少年時代はナチの時代で、野戦病院で働きながら17歳で敗戦を迎えている。シュトックハウゼンの故郷であり、現在も暮らしているケルン周辺も戦場となった。ケルン駅の構内にある書店では、敗戦当時のケルンの絵葉書や記録映画のDVDが売られていて、石造りの堅牢な街が爆撃と市街戦で破壊されていくさまはすさまじいものである。(写真は1945年のケルン中央駅前)
f0048979_21224637.jpg
 ナチは民族の血のつながりに価値をおいたが、その時代に育ったシュトックハウゼンは一貫して民族を超えた普遍性を追い求めてきた。自民族中心主義や自らの宗教を絶対視する態度が世界のいたるところで勢いづいていることが講習会参加者の間でも話の種になっていたが、シュトックハウゼン講習会はそのような時代の流れに対抗する小さいけれども力強い砦のようだった。
[PR]

# by detousbiens | 2007-08-19 02:08 | シュトックハウゼン
2007年 08月 09日

シュトックハウゼン講習会に参加して(その1)

 ドイツのケルン郊外、キュルテンで行われたシュトックハウゼン講習会2007に行ってきた(7月7日から15日まで)。講習の内容や演奏された曲目などについては、7月14日(土曜日)の受講者コンサートで「シュピラール」の名演を披露されたバリトン歌手の松平敬さんがブログKLANG Weblog に書かれているので、このブログでは、個人的な感想を中心に書いていきたい。
 (ちなみに、当日朝のリハーサルでは短波ラジオの不調をおっしゃっていたけれど、松平さんの本番はすばらしいもので、講習会の最終日、誰が賞金を獲得するかで私の周辺がもりあがっていたときも、話題になっていた。私が今回この講習会に参加できたのも、松平さんの紹介記事のおかげである。たいへん感謝している。)
 講習会は、10:00~13:00すぎ コンサートのリハーサル(見学自由)、12:15~13:45 オーストラリア在住の音楽学者リチャード・トゥープ Richard Toop によるアナリーゼの講義、14:30~16:30 演奏家のためのマスタークラス、17:00~18:45 シュトックハウゼン本人の作曲講義、20:00~22:00 コンサート、という時間割である。朝から晩までシュトックハウゼンの音楽三昧である。参加者仲間で「巡礼」、「洗脳プログラム」などと呼んでいた。
 講習会のメインイヴェントは、やはりコンサートとシュトックハウゼン本人の講義である。コンサートで水準の高い演奏をたくさん見聞きできるのは言うまでもなくすばらしかったが、講義もたいへん貴重な体験であった。シュトックハウゼンは普遍性ということに価値をおく人だから、「ここで話していることは、私の個人的な作曲法ではなく、普遍的な作曲法である」とおっしゃっていたが、普遍も個人に宿ってはじめて具体化するものなので、シュトックハウゼン個人の語り口に触れることは、たいへん意義のあることだった。(写真はコンサートと講義の会場となった体育館)
f0048979_2128442.jpg

 今回の講習会は、演奏家としては登録せず、「聴講生」組の一員だった。おかげで、演奏家として登録されていた方々よりずっと余裕をもって体験できたと思う。参加者(32カ国から140人ほどが参加)のなかでも、同じ立場の者同士のグループができやすく、私の場合は同じホテルに泊まっていたイギリス人の建築家マシュー・エメットとエストニア人の作曲家アンドルース・カラストゥーとすっかり意気投合して、このトリオを核に多くの国の多くの人たちと交流することができた。作曲家、音楽学者のみならず、ジャズプレイヤー、精神分析医などさまざまな職業の人たちと、シュトックハウゼンの音楽について語り合い、その他、さまざまな芸術、学問、宗教、身体技法から日常の悩み事、混迷する政治情勢にいたるまで話に花を咲かせた。当たり前と言えば当たり前だが、何人かということより、何が好きかとか、どういう立場にあるかということの方が、話がはずむための条件で、同じように芸術を愛好し、また年齢も近いとなると、講習会という隔離された環境では、まるで学生時代に戻ったように話がつきない。彼らと話した事柄も講習会の内容と同じく貴重な体験となった。(写真は会場となった地元の学校)
f0048979_21265266.jpg

[PR]

# by detousbiens | 2007-08-09 15:09 | シュトックハウゼン