チェンバロハウス通信

cemhaus.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 01日

音楽の哲学(その3)

 わたしたちの時代の課題は、人類意識を育てることである。日本人の場合は、日本文化と西洋文化との出会いを実りあるものにすることが大きな課題である。
 大雑把な言い方をすれば、日本文化は分離を抑圧しているのに対して、西洋文化は分離から出発している。別の言い方をすれば、日本文化は和を尊重し、西洋文化は個性を尊重する。
 ところが、洋の東西を問わず、いわゆる精神性の高い人の説くところは、oneness(1つであること)である。それで単純に日本文化の方が優れているように錯覚する人もけっこういる。
 しかし、そうではない。
 日本文化には和を尊重するあまり、分離感が生ずることへの抑圧がある。「村八分」とか「出る杭は打たれる」などの言葉によって表される社会的経験に日本で暮らす人は思い当たるであろう。
 また「和」をうたっていても無差別な受容を実行しているわけではない。日本人は善悪というより美しさを行動の基準にするという説があるが、これが曲者で、清らかさを尊ぶ感覚が「穢れ」への差別・抑圧・抹殺として現れやすい。

 一方、西洋の分離の立場は、今や地球規模の危機である南北問題(貧富の格差の問題)、環境破壊を生んだ。西洋文化が世界を牛耳った背景には西洋の学問があるが、西洋の学問は「自分とは分離した対象として世界の物事を見ることができる」という素朴な見方に依存してきた。客観的な認識が究極的な真理への道として可能であるという大きな錯誤があった。
 これと似た態度の芸術における現れが、客観的対象として「作品」が成り立つという錯誤で、19世紀にはコンサートホールや美術館にあるのが芸術だという思いこみにまでなってしまった。

 いわば反対方向に迷った二つの文化が19世紀中頃に出会ったわけだが、重要なことは、現代の状況がここに留まらないことである。
 20世紀初頭に、西洋の学問は客観的な手段でもって客観性が絶対的なものとしてはなりたたないことを知る段階に至った。数学の基礎をめぐる論争や量子力学の誕生にまつわる論争を調べるとそのことがよくわかる。(興味のある方は、ゲーデルの不完全性定理やハイゼンベルクの不確定性原理などの言葉を手がかりに検索されるとよい)
 芸術の分野でも、20世紀初頭に、伝統的な調性にとらわれない音楽や、目に見える風景にとらわれない美術が現れてきた(文学については19世紀からその変革は始まっていると思う)。

 日本人は古い西洋と新しい西洋に出会わねばならない。
 事態をややこしくしているのは、西洋の自己変革から約100年が過ぎたにもかかわらず、学問の世界でも芸術の世界でも、この新しい波が(程度の差はかなりあるとはいえ)西洋においても日本においても一般大衆のレヴェルには浸透していないことである。コンピュータ、核技術、映画音楽、街のオブジェなど、応用結果は現代の生活に欠かせないものになっているにもかかわらず、その根本的な考え方に対する拒絶反応はまだまだ強い。

 ここには現代の西洋と日本が共通して直面している問題がある。
[PR]

by detousbiens | 2008-01-01 04:10 | 音楽の哲学