チェンバロハウス通信

cemhaus.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:コンサート案内( 3 )


2010年 03月 19日

2010年度の予定

 2003年の秋に開業準備をはじめて今年の春でチェンバロハウスも7年目を迎える。人生の最初の6~7年が目に見えないところでその後の人生の歩みを支えているように、これまでの6年余のチェンバロハウスの活動もコンサートやセミナーなど外向きのもが少なくなりがちで研修・研究に時間をかけてきた。今年度はコンサート、セミナー、執筆などで発表の場を増やしたい。

 ハウスコンサートについては、今年度はイタリアバロックを中心に予定を組んでいる。6~7月頃にオーボエとのデュオ、ヴァイオリンとバロックのレパートリーでデュオの予定。秋にはバロックと近現代の作品をとりまぜてアンサンブルのコンサートができればと思う。ソロのコンサートはスカルラッティを弾く予定。

 教室のテーマである身体技法については、特別のコースを4月から設ける予定。体の使い方と楽譜の読み方を工夫すれば、少ない時間と楽な方法で効率的にしかも質の高い練習ができるというのが教室でいいたいことだが、楽曲を仕上げようとすると体の使い方についてはなかなか十分な時間を割くことができない。体の使い方に専念できる時間を作って、教室に通って下さっている方が気軽に参加でき、この問題について興味をお持ちの外部の方々も参加できるようにしたい。
 
 教室のテーマとしては、「言葉と音楽の関係」、「楽典の現代化と簡易作編曲法」についても講座の形にしたい。英語教育の分野ではようやく認知心理学の発展に呼応して教え方が工夫され、現場に即した英語教育を目指した試みをよく見るようになった(旧態依然の「英語でない英語」を「日本語でない日本語」に置き換えるだけのものも相変わらず健在のようだが)。音楽の学習と外国語の学習には似たところがあるので、参考になりそうだ。「音楽でない音楽」を教える音楽理論から、現場で使える音楽理論教程にならなければならない。
 
  「鍵盤楽器演奏における体の使い方」「言葉と音楽」「わかりやすく使える音楽理論」ということについては本としても読めるよう、出版社の方とも相談しながら執筆中である。

 これらについて、日程、内容等の詳細が決まり次第ホームページの方に書き足していきたい。
[PR]

by detousbiens | 2010-03-19 15:19 | コンサート案内
2008年 12月 20日

ハウスコンサートその後

 ハウスコンサートが終わって1ヶ月も過ぎた。11月9日、11月16日の2回とも満員のお客様に来ていただいた。来てくださった方々、本当にありがとうございました。
 さて、ハウスコンサートとなると、それを機会に自分の中で何か隠しテーマを設定して追求しようという気になる。今回はアメリカの音楽学者でレ・ザール・フロリサンに「修辞学者」として協力したこともある Patricia Rarum の The Harmonic Orator という本を読んで、言葉と音楽の関係をあらためて勉強することにした。
 この本は、1660~1730年頃のフランスバロック音楽について、フランス語詩の構造や朗誦法がどのように音楽化されているかを、約500ページ使って懇切丁寧に説き明かしている。ページ数を使うことを恐れず、予備知識のほとんどない読者に手取り足取りという感じで「実際にできるように」導くというスタイルがいかにもアメリカの本らしく、たいへん良かった。(ヨーロッパの本は理論的に美しく書かれているけど、親切ではないことが多い。その意味では日本の学者の本に似ている。アメリカの本は、学者の本でも実用書のように本文の内容が図解され、章ごとにまとめと理解度を確かめるための練習問題がついていることが多い。これはやはりアメリカの美点だと思う。)
 それで、今回は The Harmonic Orator に集中できたかというと、もちろんそんなことはなく、興味はどんどん脱線していった。まず他の言語の詩学にも興味がわいてきた。日本語の詩学については梅本健三の「詩法の復権」というたいへん興味深い本に出会えた。そんなわけで、2009年のレクチャーシリーズは歌詞と音楽の関係についての入門講座にしようと考えている。
 もうひとつは、バードとクプランをならべて弾くことの意味を考えようとして、中世~ルネサンス~バロックの音楽スタイルの変遷にポピュラー音楽の影響が大きいのではないかという仮説に思いいたったことだ。これは大きなテーマなので、項を改めて書こうと思う。
[PR]

by detousbiens | 2008-12-20 14:33 | コンサート案内
2008年 09月 27日

久しぶりのハウスコンサート

 11月9日(日)と16日(日)、昨年の夏以来のハウスコンサートをすることにした。久しぶりの自主公演になる。ここ数年、演奏の身体技法を学んできて自主公演は休んでいた(ソロはほぼ2年ぶり)。再開にあたって何を弾くか迷ったが、チェンバロ音楽のなかでもっとも好きなウィリアム・バードとフランソワ・クプランの作品を中心にプログラムを組むことにした。
 バードはイギリスのエリザベス一世時代の作曲家で、1543年の生まれで1623年に亡くなっている。1543年といえばポルトガル人が種子島に来た年である。同じ名前のウィリアム・シェイクスピアは1564年の生まれ。シェイクスピア劇に登場する流行歌の数々をバードもとりあげて、チェンバロ曲にしたてている。
 バードの時代から100年以上を経て、フランソワ・クプランはフランスのルイ14世時代を生きた。ヴォルテールはルイ14世の時代を、古代ギリシア、古代ローマ、イタリアルネッサンスとならび、さらにそれらを超えた人類文化史上最も輝かしい時代と呼んでいる。フランス国王の栄光が演じられたヴェルサーユ宮殿に勤めながら、後の時代のショパンにも似て、クプランは内気で完璧主義的な作品を書いた。
 ストラヴィンスキーは晩年、「いまあなたが一番楽しめる音楽は何ですか?」と聞かれて「私は、イギリスのヴァージナリスト(バードやその同僚ブル、ギボンズらのこと)をひいてみるごとに、かならず楽しみ、失望したことがない。それからクープラン、・・・」と答えている。20世紀音楽への興味からバッハ以前の音楽に入った私としては、両者を結ぶ糸を見つけたい。
 ハウスコンサートの本番まで、バードやクプランの音楽について、また文化的背景や現代とのつながり、練習過程で気づいたことなど、気のおもむくまま書いていければと思う。
[PR]

by detousbiens | 2008-09-27 00:29 | コンサート案内