チェンバロハウス通信

cemhaus.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:教育( 2 )


2015年 10月 15日

南京事件(南京大虐殺)のユネスコ記憶遺産登録に思う

 大日本帝国憲法下の日本の国策は、世界に、とりわけ東アジア地域に大きな災厄をもたらした。その記録を大事に保管し後世に引き継ぐことは、日本人も含めた人類の福祉に資するものであり、今回のユネスコ記憶遺産登録は良いニュースだと思う。
 ところがこれに憤激する人がいるようだ。日本政府にいたっては首相が遺憾の意を表明したり、官房長官がユネスコ分担金の停止に言及しているようだ。外務省の「歴史問題Q&A」では、「日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えています。」とあり、被害の規模については諸説あるとしながら、「先の大戦における行いに対する、痛切な反省と共に、心からのお詫びの気持ちは、戦後の歴代内閣が、一貫して持ち続けてきたものです。・・・(こうした)気持ちを、揺るぎないものとして、引き継いでいきます。」と書かれているが、これでは「痛切な反省」も「心からのお詫びの気持ち」もとても感じられない。
 また同じく外務省の「歴史問題Q&A」では、「日本は戦争で被害を受けたアジア諸国に対して公式に謝罪していないのではありませんか。」という問いに対して、「他方、戦争とは何ら関わりのない、将来の世代が、謝罪を続けねばならないような状況を作ってはなりません。これは、今を生きる、現在の世代の責任であると考えています。」とあるが、これはおかしい。祖先の残した負債を捨てるというのなら、祖先が築いた財産も捨てなければならないはずだ。財産だけ引き継いで負債を放棄するような相続ができるわけない。

*題名について、ユネスコ記憶遺産に登録されたのはNanjing massacre なので「南京大虐殺」とするべきだが、日本国内での通称「南京事件」を併記した。
[PR]

by detousbiens | 2015-10-15 23:11 | 教育
2006年 04月 30日

「教育基本法改正案」について その1

 4月28日、教育基本法の改正案が国会に提出された。教育にたずさわる者にとって重大なニュースである。現行の教育基本法は前文と11条とからなっている短い法律であるが、教育の理念が明瞭に表現されている。一方、改正案は前文と18条からなっている。改正案と現行法を対照してみると、この改正案が教育政策の根本的な転換であるとともに、日本思想史上の大事件というべきものでもあることがわかる。
 まず前文では、現行法、改正案ともに「民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献する」ことが理想として挙げられていて、この理想の実現のために教育があるとされている。その教育の具体的な内容は、現行法「個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育」に対して、改正案「個人の尊厳を重んじ、真理と正義を希求し、公共の精神を尊び、豊かな人間性と創造性を備えた人間の育成を期するとともに、伝統を継承し、新しい文化の創造を目指す教育」となっている。
 ともに、何気なく読み飛ばせば良いことづくめのようであるが、注意深く読めば、現行法の首尾一貫性に対して、改正案は無内容な美辞麗句であることがわかる。ついでながら、「真理と平和」が「真理と正義」に代えられていることも教育現場に大きな影響を与えると思うが、思想的に重要なのは後半で、現行法が「普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化」としているところを、改正案は「豊かな人間性と創造性、伝統を継承し、新しい文化の創造」と置き換えている。
 問題は、「豊かな人間性と創造性」と「伝統の継承」と「新しい文化の創造」とが時として対立する理想になりうるということである。もちろん、多くの局面でこれらは両立しうると思うし、両立させていきたい理想ではあるが、「豊かな人間性と創造性」と「伝統の継承」が対立するものになったり、「伝統の継承」と「新しい文化の創造」が対立する可能性はゼロではない。かりにこれらが対立したときに、改正案にはどちらを優先すべきかについての基準がないのである。
 一方、現行法の「普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化」は、「豊かな人間性と創造性」、「伝統の継承」、「新しい文化の創造」が葛藤したときに判断基準となりうるより上位の価値基準である。どうしてこの基準を捨てて、矛盾を内包した文言に置き換えなければならないのだろうか。改正案では、「豊かな人間性と創造性」が優先されるか、あるいは「伝統の継承」が優先されるか、「新しい文化の創造」が優先されるかは、結局権力をもった人の恣意的な判断にゆだねられることになってしまうのではなかろうか。(この項続く)
[PR]

by detousbiens | 2006-04-30 03:51 | 教育