チェンバロハウス通信

cemhaus.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日本人と西洋音楽( 4 )


2009年 03月 31日

新しい和声の教科書を作る

 前回のコンサート以来、民謡やポピュラー音楽とルネサンス・バロックの音楽の関係が気になり続けている。一番問題になるのは、いわゆるクラシックの音楽理論が役に立たないというか、障害物にしかなっていないことだ。

 大学に入って衝撃だったのは、高校までに学校で習ってきたことが実際の学問と大きくずれていることだった。実際にはこうも見られれば、ああも見られるのに、高校までの教程では、少なくとも基本的な事柄については研究者の見解は一致していて、定められた段階を踏まなければ基本を身につけられないという錯覚におちいってしまう。
 さらにやっかいなのは、「わかりやすさ」のために、現実を無視した「教科のための教科」(あるいは「客観的な」試験を可能にする教科)になってしまっていることだ。英語などは一番よい例だ。例えば日本語の教科書を作るとして、昔話を題材にして、「昔々あるところにおじいさんがいました」という文を、「あるところ」は一般的な言葉でないから「どこか」を使いたい、丁寧形はまだ習っていないから使わない、などといって「昔どこかにおじいさんがいた」と変えていいのだろうか?日本の英語教科書の英語はそのような例文に満ちている。

 話が脱線したが、クラシックの音楽理論書のほとんどは、英語の教科書と同じ間違いをしている。
 調的な和声は教会旋法の和声が基盤になっている。それを「機能和声」の名前のもとに、規則から説明しようとして実際の音楽から乖離した「学習和声」の世界を作ってしまった。音階は長調と短調しかない、和音の機能はトニック(T)、ドミナント(D)、サブドミナント(S)の3つで、和声進行はTDT、TST、TSDTに限るという前提では、バロック音楽は「調性確立以前の未発達の音楽」、ドビュッシーやストラヴィンスキーら20世紀の古典は無視、民謡もポピュラー音楽も「くずれた音楽」である。それどころか、「学習和声」の主要ターゲットであるバッハやベートーヴェンも、導音を下降させたり、平行8度、平行5度など「許されない規則違反」を行っているから、「天才は例外である」というしかない。
 勝手な推測かもしれないが、このような教科体系を作り上げた人々は、目の前の生徒たちの成績をあげるために、「段階を踏んで努力すれば習得できる体系」を善意で、しかもたいへん苦労して作り上げたのだろう。しかし、「学校英語」はリアルな英語への障害となり、「学習和声」もリアルな和声体験への障害となっている。
 音大を出た人たちは、たいがい「和声の授業で習ったことはすべて忘れた」とおっしゃるが、そのほうがまだいいかもしれない。ただ、受験英語や受験和声にかけられる膨大な労力を思うとやりきれない。
 そういうわけで、せめて初心者の実用には使える小冊子として、民謡、ポピュラー音楽、古楽、近現代の音楽を排除せず、クラシックの大作曲家を「偉大な例外」にしない簡単な教科書を書こうと思っている。
 今年のレクチャーコンサートは「言葉と音楽」をテーマに行う、ハウスコンサートもすると言っておきながら、こんな作業をしているうちにどんどん日が経ってしまった。はやくレクチャーとコンサートの日取りを決めたい。
[PR]

by detousbiens | 2009-03-31 15:35 | 日本人と西洋音楽
2008年 10月 05日

鍵盤楽器の演奏法

コンサート本番まで気楽に書いていこうと思いながら、なかなか難しい。あっという間に一週間たってしまった。CDの紹介や歴史の話を書こうと思っていたのだが、時間に少し余裕があると根本的な問題にとりくみたくなる。

私の鍵盤楽器奏法の立脚点は3つある。

第1は身体技法だ。スポーツに、体の仕組みについての知識と合理的な練習法が効率的であるように、鍵盤楽器の演奏にも身体技法が大いに役立つ。音楽は、演劇やダンスのように動きの藝術である。身体感覚が身につくと、楽譜も動きの軌跡として見えてくる。そこまでいかなくとも、体に無理を強いないことは楽だ。

第2の立脚点は、言葉と音楽の関係についての知識である。何といっても西洋音楽の主流は声楽だ。とりわけ、バロック音楽は声楽がメインで器楽はデザートのようなものだと思う。そうなると、独力で歌詞を読み込むことは難しくても、対訳をみながら何を言っているか分かる程度には語学ができないとおもしろくない。
西洋には数理的ともいえる詩法の伝統がある。西洋音楽のフレージングはもともと詩法に基づいている。要求が高いかもしれないが、ラテン語、イタリア語、フランス語、ドイツ語、英語などの韻律法を知らないで演奏するというのは(声楽であれ器楽であれ)、知らない言語で演じている役者のようなものだと思う。

第3は哲学である。西洋の精神史に学べることは多い。身体的な技術に優れても、西洋音楽の修辞法を身につけていても、西洋の人々が長い歴史のなかで希求してきた思いに心が閉ざされているのでは悲しい。

西洋の精神史を知るためには、いわゆる「哲学」はまわりくどい。西洋には哲学的な詩や宗教的な詩が多いので、詩を入り口にしてはどうだろうか。韻律法の勉強もできて一石二鳥だ。
[PR]

by detousbiens | 2008-10-05 13:20 | 日本人と西洋音楽
2007年 06月 13日

久しぶりの更新

 ブログ、ホームページとも更新できないまま1年が経ってしまった。ときどき「更新がないようだが、教室はされていますか。」とお問い合わせを受けるが、大丈夫です(また、まれにメールの不着事故があるみたいで、心配だ)。むしろ、この1年は新しい出会いが多く、教室もずいぶん忙しくなった。
 ただ、勉強に専念するため、去年、今年と演奏会はできるだけ減らすことにしている(今年はハウスコンサートをお休みするつもり。ただ、デュオやレクチャー、音楽療法関係のセミナーや演奏はするので、ホームページをご覧下さい)。おかげで書くべきことはずいぶんたまってきたが、もう少しこなれてから発表していきたい。
 去年は2年前から続けている身体技法の探求のほか、音楽史、臨床心理学関係の本を読みあさった。今年のメインテーマは
 *身体技法としての音楽(継続)
 *シュトックハウゼンの音楽
 *音楽療法
になりそうである。
 哲学のある音楽をもとめて、ずいぶん色々なことをしてきた。
 常に「そこにある」のがヨーロッパと日本の文化の違いである。
 表面的で複雑なことはごましやすいが、核にある(しかも本当は表面的にいたるところにある)単純なことを理解し、習得するのはほんとうに難しい。
 異文化に橋をかけるということは、「命がけ」のことである。
[PR]

by detousbiens | 2007-06-13 15:29 | 日本人と西洋音楽
2006年 03月 05日

「和魂洋才」ではいけない

 「和魂洋才」という言葉は古めかしい響きだが、今でも使われる言葉だし、また口に出して言わなくても同じような考えを持つ人は結構いるようである。私は「和魂洋才」という考えを捨てないかぎり日本の未来は貧しいままだろうと思う。
 「才」つまり技術は「魂」と切り離してはならない。私の経験では、ヨーロッパ哲学の技術もヨーロッパ音楽の技術もヨーロッパの魂の現れである。少し例をあげると、ヨーロッパ音楽の演奏に必要とされる「円を描いてはねあがるリズムの取り方」に基づく「軽やかさ」は古代ギリシア以来の合理精神の軽やかさに通じ、「音を直線的に押し出すのではなく空間にボール状に広げていく感覚」はキリスト体験につながっていくように思う。
 こういう「身体による気づき」は、論証することができず、実際に体験してみて各人が確認する、あるいは疑問をもつ、あるいは否認するしかないことだが、そういうあり方しかできない知識があまりに軽視されているように思う。
 おそらく実際には、「洋才」を必要とする現場(そうでない現場は今の日本では少ないと思うが)にたずさわる人は、現場の作業を通じて「洋魂」を心のどこかで体験していると思う。しかし、その体験がそのようなものとして認識されず、「和魂洋才」という本来無理な思想が、その貴重な体験を思想化するさいの障害となっている。つまり「和魂洋才」に縛られているかぎり、自己の体験を文化の豊かさへと結びつけることができないのである。
 かつては「和魂漢才」といわれたように、中国との交流においても同じような思想的貧しさの伝統があった。微力ながら「洋魂」「漢魂」の理解に尽くすことができればと思う。
[PR]

by detousbiens | 2006-03-05 14:31 | 日本人と西洋音楽