チェンバロハウス通信

cemhaus.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 30日

音楽の哲学(その2)

 日本人が西洋音楽を学ぶということは、西洋人が能や歌舞伎を学ぶのに似ている。当然、多くの障害がある。それらの障害を大雑把にいうと、①身体のつくりや所作の違い、②言語の特性の違い、③哲学(世界観)の違いである。これらは乗り越えがたいが、互いの立場を想像することは可能である。
 しかしながら、日本では「和魂洋才ではいけない」でもとりあげたとおり、本質的な部分(魂)を排除して、表面的な結果のみをとりいれようとする態度が、無意識的あるいは意識的にも強い。
 なぜなら「相手の立場を想像する」ということは、自分自身の根本的な変化につながるからである。日本人は「日本人であること」にこだわる人が多い。外国との比較が問題になるとき、「わたしたち日本人は」と言ったり書いたりする人が多いことにもそれは端的に現れている。日本人の日本人性を規定している哲学は無意識的なものである。表面的には変幻自在であるが、核の部分は無意識的であるだけに頑として変らない。もっと言うと排他的である。
 西洋音楽は、「西洋」とわざわざいうのが不自然なほど日本人にとって身近な存在になっている。それにもかかわらずその本質が理解されることは少なく、日本人の実践する西洋音楽は「どこか違う」し、それを鑑賞するポイントも「どこか違う」。これまでは、「日本人が西洋音楽に接してそれほど間がないのだから、理解がおよばないのは仕方がない」という人も多かったが、「理解がおよばない」というよりむしろ、かなり無意識的ではあるが「理解したくない」という面が強いのではないかと、私には思える。
 しかし、物質的な側面では国際化が既成事実である世界で、精神面において排他的でいることは危険である。勇気を奮って、自己変革を恐れずに、他文化の魂を理解しようと努める必要がある。                                              
[PR]

by detousbiens | 2007-12-30 09:57 | 音楽の哲学


<< 音楽の哲学(その3)      音楽の哲学(その1) >>