チェンバロハウス通信

cemhaus.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 19日

2010年度の予定

 2003年の秋に開業準備をはじめて今年の春でチェンバロハウスも7年目を迎える。人生の最初の6~7年が目に見えないところでその後の人生の歩みを支えているように、これまでの6年余のチェンバロハウスの活動もコンサートやセミナーなど外向きのもが少なくなりがちで研修・研究に時間をかけてきた。今年度はコンサート、セミナー、執筆などで発表の場を増やしたい。

 ハウスコンサートについては、今年度はイタリアバロックを中心に予定を組んでいる。6~7月頃にオーボエとのデュオ、ヴァイオリンとバロックのレパートリーでデュオの予定。秋にはバロックと近現代の作品をとりまぜてアンサンブルのコンサートができればと思う。ソロのコンサートはスカルラッティを弾く予定。

 教室のテーマである身体技法については、特別のコースを4月から設ける予定。体の使い方と楽譜の読み方を工夫すれば、少ない時間と楽な方法で効率的にしかも質の高い練習ができるというのが教室でいいたいことだが、楽曲を仕上げようとすると体の使い方についてはなかなか十分な時間を割くことができない。体の使い方に専念できる時間を作って、教室に通って下さっている方が気軽に参加でき、この問題について興味をお持ちの外部の方々も参加できるようにしたい。
 
 教室のテーマとしては、「言葉と音楽の関係」、「楽典の現代化と簡易作編曲法」についても講座の形にしたい。英語教育の分野ではようやく認知心理学の発展に呼応して教え方が工夫され、現場に即した英語教育を目指した試みをよく見るようになった(旧態依然の「英語でない英語」を「日本語でない日本語」に置き換えるだけのものも相変わらず健在のようだが)。音楽の学習と外国語の学習には似たところがあるので、参考になりそうだ。「音楽でない音楽」を教える音楽理論から、現場で使える音楽理論教程にならなければならない。
 
  「鍵盤楽器演奏における体の使い方」「言葉と音楽」「わかりやすく使える音楽理論」ということについては本としても読めるよう、出版社の方とも相談しながら執筆中である。

 これらについて、日程、内容等の詳細が決まり次第ホームページの方に書き足していきたい。
[PR]

by detousbiens | 2010-03-19 15:19 | コンサート案内


<< 2015年3月の予定      インターネット復活 >>